Gallupが確立した
強みの科学

何十年もの間、CliftonStrengthsテストは、人々の優れた能力を引き出すために貢献してきました。企業の役員、マネージャー、営業マン、看護師、教師、学生、牧師など、1,200万人以上の人々が、強みを生かして指導するメリットを実現しています

2001年、Gallupは、『Now, Discover Your Strengths』で、オリジナルのCliftonStrengthsテストを紹介しました。この本は、New York Timesのベストセラーに入り、およそ200万部を売り上げました。Gallupの前会長で、CliftonStrengthsの著者兼開発者であるドナルド・O・クリフトン博士(1924~2003)は、American Psychological Associationから強みに基づいた心理学の父と呼ばれました。

2007年、Gallupは、StrengthsFinder 2.0を公開し、アップグレードされた新しいバージョンのテストを発表しました。『StrengthsFinder 2.0』は、すぐにWall Street JournalBusinessweekUSA Todayでベストセラー入りを果たしました。この本は、現在までに400万部以上を売り上げ、Amazonの「2013年の本のベストセラー」に選ばれました。

Gallupでは、様々な役割で活用できる強みに基づいた人財開発にフォーカスした本を、6冊以上出版しています。すべての本で、強みの発見および個人の能力改善の基盤として、CliftonStrengthsを使用しています。

最も得意なことを毎日やる

強みとは、すべての人が持っている才能、知識、スキルの独自の組み合わせです。人は、日常生活でその人本来の特性や能力を使って、仕事を遂行したり、他の人とかかわったり、目標を達成したりしています。しかし、大半の人は、自分の強みを把握していなかったり、強みを利用する機会を持てなかったりしています。

自分の強みに日常的にフォーカスしている人は、仕事に積極的に取り組む確率が6倍も高いそうです。こうした人は、個人の仕事、チームの仕事の両方で、より高い生産性を発揮します。さらに、質の高い生活を送っていると報告する可能性が3倍以上高いとされています。

自分の強みを発見して、それを伸ばすことで、日常的に最も得意なことができるようになります。今すぐ自分の強みを見つけましょう。