強みと弱点に対するGallupの見解は、どのようなものですか?

相当な努力をしなければ、才能だけでは決して十分とは言えません。同時に、天賦の才能がなければ、相当な努力をしても大きな成果をあげることができません。そのため、時間や労力、注意力をどこに投入すべきか考える必要がありますが、Gallupの調査では、強みを持っている分野から始めることを勧めています。とは言え、Gallupのどの調査も弱点を無視することを勧めているわけではありません。弱点を無視することは、特に職場においては、無謀なことです。

残念なことに、Gallupの調査や科学的研究結果は、正しく解釈されていません。一部では、自己開発や組織開発に対するGallupのアプローチが、強みだけを重視したものと思われています。

Gallupの開発プログラムやコンサルティングパートナーシップはいずれも、個人が自分の強みを構築し、弱点にうまく対処する方法を判断できるようになることに重点を置いています。Gallupの強みに基づいたコンサルティングは、組織が生産性を高め、実績を挙げ、実績が低迷している管理職やリーダーの分野を改善できるようにするものでもあります。Gallupでは、いかなることがあっても、弱点を無視するような助言はしません。弱点を無視すれば、その結果、組織の収益に弊害をもたらすことになりかねず、おそらく個人の経歴にも悪影響を及ぼすことになるでしょう。